筋トレするならHMB?プロテイン?そもそも違いってなによ?

筋トレ

筋トレするならHMB?プロテイン?そもそも違いってなによ?

こんにちは、まさです。

早速ですが、「だらしない体を何とかしたい!」と思い、筋トレを始めるものの

筋トレにプロテインはかかせない!けど、最近だとHMBも必須とか言われているし結局、一番良いのはなんなの?!

と訳が分からなくなって、とりあえず両方買ったけどなにか(゜-゜)?

って経験ないでしょうか?

結果としては、HMBとプロテインを取り入れた方が効率良く筋肉量をアップできるので、とりあえず両方飲んで筋トレだ!で合っています。

しかし、せっかくHMBとプロテインを飲むのであれば、それぞれどんな効果があるのかしっかり理解して最大限に効果を発揮したいですよね!

 

ということで、今回はHMBとプロテインの違いと摂取方法について説明します。

この記事を読むことで、HMBとプロテインの違いを理解できるので、効率良く筋肉量をアップさせる方法が分かります。

 

この記事で分かる3つのこと!

  • HMBとプロテインの違い
  • HMBとプロテインの効果
  • HMBとプロテインの効率的な摂取方法

プロテインとは?

誰でも聞いたことがあるであろう「プロテイン」という言葉。

筋トレ=プロテインと思わせるほど、筋肉量アップにはかかせない存在です。

その理由をもう少し深堀りしてみましょう!

プロテインは英語でタンパク質のこと

タンパク質は、筋肉をはじめとして内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪を作り出す栄養素で人の身体にとっては、なくてはならない存在です。

逆にいうとタンパク質が不足すると、

  • 筋肉量の低下
  • 免疫力の低下
  • 髪や肌のトラブル

などの機能不全になり、人の身体に様々な悪影響をもたらします。

タンパク質を補給するアイテムのようなもの

アスリートがなぜ、プロテインを飲むのか疑問に思ったことはないでしょうか?

ーニングによって損傷した筋肉を修復するため、タンパク質が必要になります。筋肉は、損傷と修復を繰り返し肥大していきます。

現役のアスリートで考えると分かりやすいですが、アスリートは次の大会までの限られた時間の中でトレーニングを行います。トレーニングによって筋肉が損傷⇒修復を繰り返しますが、プロテインを摂取しないと修復にかける時間が多くなってしまいます

そうなると、トレーニングできる回数も減ってしまいますよね?

なので、限られた時間の中でいかに効率良く筋肉量をアップさせるかがプロテインの役割というわけです。

もちろん、スポーツによって筋肉量のアップより技術力アップにかける時間が多いスポーツもあるとは思いますが。

HMBとは?

必須アミノ酸の一種であるロイシンを原料として体内で生成される物質です。

正式名は、β-Hydroxy-β-MethylButyrateで3-ヒドロキシイソ吉草酸と日本語でいっていますが、正式名の頭文字をとったHMBと略称され世間で浸透されています。

HMBの役割

そもそも人間の身体は日々、筋繊維の合成・分解を繰り返し、筋肉がついたり衰え(おとろ)たりします。

HMBは筋肉量の増加を最大限促進させ、筋肉の減少を最小限に抑えるという効果があります。

ということは、筋トレ効果を倍増させてくれるアイテムのようなもので、短い時間の中で効率良く筋肉量を増やすためにはかかせないものです。

まさ
まさ

ドラクエでいえば、バイキルトみたいなもんだね!

うちのネコ
うちのネコ

ん?なにいってんだコイツw

HMBとプロテインの違いとは?

ざっくりいってしまうと、こちらの通りです。

HMB・・・筋肉の合成を助け、分解を防ぐ(筋肉量増加のサポート)

プロテイン・・・筋肉の材料となる(筋肉そのもの)

値段の違いは?

HMBとプロテインは、両方飲んだ方が良いってのは分かったけど、2つ揃えるのにいくらかかるのか費用が気になりますよね。

参考程度にざっくりですが、値段についてまとめておきました。

HMB1,000~3,000円約1ヶ月分
プロテイン2,000~4,000円約1.5ヶ月分
※市販で購入できるもので算出

値段と量で結果的に見ると、HMBとプロテインは、だいたい同じ価格帯かなっという印象です。

HMBとプロテインは併用した方が良いのか?

ここまで読んで頂いた方であれば分かると思いますが、併用した方が良いです。

HMBとプロテインは、筋肉に対するアプローチは同じなので役割は同じだと思われがちですが、効果が異なります。

プロテインはタンパク質なので筋肉の材料になり、HMBはタンパク質を筋肉に変え、筋肉の分解を防ぎます。

そのため、併用することでタンパク質を取るだけでなく、タンパク質をより有効的に筋肉に変えることができるので、相乗効果が得られます。結果、筋肉量増加のスピードを早めることができるというわけです。

 

では、次はHMBとプロテインはどのタイミングで飲めば効果的なのか見ていきましょう。

HMBとプロテインの取り方

筋トレするのにHMBとプロテインの併用がより効果的ってのは分かったけど、飲むタイミングがイマイチ分からないですよね。

タイミングが分からず併用して、HMBとプロテインの効果が薄まってもやだなぁーって方もいると思いますので、併用の仕方について説明します。

HMBは筋トレの30分前に摂取

HMBの役割は筋肉の合成を助け、分解を防ぐという、言わば筋肉の合成促進と分解抑制です。

トレーニング中は筋肉が分解していくので、HMBを体内に満たしておく必要があります。そこで、HMBが体内に吸収されるスピードについてみていきましょう。

HMBは、「摂取してから30分程度で体内に取り込まれていき、およそ2時間で血中濃度が最大」になります。

血中濃度とは、一般的には「血液内に入っている薬の量(濃度)」とされています。これをHMBに置き換えると、『30分程度でHMBが血液内に入り、2時間でHMBの効果が最大になる』ということ。

つまりは、筋トレの30分前にHMBを体内に取り入れて、筋トレ中はHMBの効果が最大限に発揮されるとなるわけです。

 

HMBといってもかなりの種類が販売されています。しかも、みんなムキムキ体がパッケージになっていて、いかにも!ってものが多いです。

こちらの【飛躍的に筋力アップならコレ!】筋トレに必要なHMBサプリ5選でオススメする5種類をまとめていますので、筋トレをこれから始める方はチェックしてみてください。

プロテインは筋トレ後30分以内に摂取

筋肉は、トレーニングによって損傷しますが損傷した筋肉は、栄養がなければ筋肉量のアップにはつながりません。それは、タンパク質が不足した体は時間とともに筋肉をどんどん分解していくからです。

トレーニングしても筋肉が分解してしまっては、つらい思いをしてせっかく頑張ったトレーニングが無駄になってしまいますよね!

では、トレーニング後に筋肉を分解させないためにどうすれば良いのか?

そこで登場するのが、「ゴールデンタイム」の存在です。

ゴールデンタイムは、運動後の30~45分と言われていますがその時間帯は、損傷した筋肉を修復するべく多くの栄養素を必要としています。

分かりやすく考えると、トレーニングによってタンパク質がかなり消費しているので、タンパク質がめっちゃ不足している状態です。タンパク質が不足した体に、筋肉の材料であるプロテインを与えることによって、栄養素の吸収率が高いので、より速く修復し、筋肉の増加となるわけです。

 

まさ
まさ

ドラクエでいうと、プロテインがベホマ的な効果だね!

 
うちのネコ
うちのネコ

ん?またコイツなんか言ってるよw

ちょいちょいドラクエネタぶっこんでくんなw

まとめ

この記事を読んだ頃には、HMBとプロテインの違いを人に説明できるレベルにはなったと思います。と同時にタンパク質がいかに筋肉を作るうえで重要かも理解できかと。

筋トレをしてもなかなか筋肉量が増えない!という方は、トレーニングによって損傷した筋肉の修復に対するケアが弱い可能性があります。

がむしゃらに筋トレをやっても、筋肉の増加(合成)と減少(分解)の仕組みを理解しなければ、効率の良いトレーニング効果は得られません。

短期間で効率良くトレーニング効果を得るためには、HMBとプロテインは必須になってきます。もし、これから筋トレを始めようとしている方は、早く筋トレ効果を出すためにHMBとプロテインを準備してからのぞみましょう!

それでは(*‘ω‘ *)

コメント