【蚊に刺されたら絶対掻いちゃダメ!】かゆみを抑える5つの対処法

生活

蚊に刺されたら絶対掻いちゃダメ!かゆみを抑える5つの対処法

こんにちは、「蚊なんてこの世から消えろ」と思っているまさです(*´Д`)

 

梅雨から夏にかけて「やっふぉーい!人間の血を吸うぜー!」ばりに蚊がテンションをめっちゃ上げてくる季節です。私たちにとって蚊は、敵以外のなにものでもないですよね!

かゆくなって気付くと、すでに蚊に刺されているので手遅れというひどい仕打ち( ;∀;)手足の指と足の裏に刺された日には、もう最悪で、なにをするにしてもかゆすぎて集中できないですね

ましてや楽しいはずの旅行先や花火、キャンプで蚊に刺されたら「帰るか(゜-゜)」って言いたくなるくらい台無しになってしまいます。

 

今回は、蚊ごときに邪魔されず旅行や花火、キャンプを存分に楽しむために、刺されてしまっても手軽にかゆみを抑える5つの対処法を紹介したいと思います。

蚊に刺されたら絶対掻いてはいけない理由

あまりのかゆさにかきむしったり、かゆみを抑えようと刺された患部に爪で十字の跡をつけたりと一度は経験があると思います。

しかし、掻いたり爪で十字の跡をつけるのは患部を傷付けてしまう行為となり、かえって逆効果です。

そもそも蚊に刺されるとかゆくなるのは、蚊は血を吸うときに私たちに唾液を注入します(めっちゃキモイですねw)人間にとって蚊の唾液は当たり前ですが異物なので、異物を排除しようと防御反応が働きますが、これがアレルギー反応になります。

アレルギー反応の症状としてかゆみ、腫れといった炎症がおこります。

 

話を戻すと、刺された患部を掻くことによって血管が拡張して炎症がひどくなり、かゆみがさらに増してしまうのです。さらにかきむしったり、爪で十字の跡をつけることは傷口から細菌が侵入する可能性があり、化膿(かのう)することもあります。

化膿することで、患部の治りが悪くなったり病気にもつながりかねないので、掻いたり傷付けるのは絶対やめましょう!

 

ですが、あまりのかゆさに掻きたい衝動にかられるのも事実なので、次はかゆみを抑える方法について紹介します。

「手軽に実践」かゆみを抑える5つの対処法

①絆創膏(ばんそうこう)を貼る

蚊に刺された部分は、小さな刺激でもかゆみが増します。なので大げさに聞こえるかもしれませんが空気に触れただけでもさらにかゆくなります。

絆創膏を貼ることで空気からの刺激から守り、かゆみが軽減するというわけです!

また、絆創膏の良い所は、絆創膏によって患部が保護されるので悪化を防ぐことができます。

※絆創膏を貼ってさらにかゆくなってしまった場合は、逆に絆創膏が患部を刺激してしまっているので、別の絆創膏で貼り直すか、貼るのをやめましょう。

 

うちのねこ
うちのねこ

絆創膏がなかった場合、テープでも良いの?

まさ
まさ

虫さされ用のテープだったら良いけどセロテープは絶対やめてね!

セロテープも空気からの刺激を守れるので、かゆみの軽減には効果ありますがテープの粘着剤からばい菌が患部に入ってしまうリスクがあります。

ばい菌が入ることによって治りが遅くなったり、悪化するリスクを考えるとセロテープを刺された患部に貼るのはやめましょう。

②氷や水で冷やす

冷やすことで刺された患部の感覚を鈍らせ、かゆみを感じさせなくします。

水で冷やす場合、ハッカ油を数滴入れて冷やすとより効果的です。ハッカ油に含まれるメントールには、清涼感を与えることでかゆみを静める効果があります。

 また、冷やすことで患部の炎症を抑える効果があるので悪化防止にもつなげることができます。

③せっけんで洗う

かゆくなる原因は、蚊の唾液が体内に入ると排除しようとしてアレルギー反応を起こし、症状としてかゆみが出ると説明しましたが、蚊の唾液というのは酸性の性質をもっています。

弱アルカリ性であるせっけんで洗うことによって酸性が中和され、かゆみが抑まるという仕組みです。

④レモンの果汁を塗る

レモンに含まれるクエン酸には、かゆみをおさえる効果がありますので果汁をしぼって患部に塗ることでかゆみを抑えます。

 柑橘類であればクエン酸が多く含まれているので、みかんやライムでも代用OKです。

⑤塩を軽くもみこむ

塩による脱水作用を利用したかゆみの軽減方法です。

塩の効果として、皮膚へもみこむことで塩水が細胞内へ入り水分を吸い取ってくれますが、蚊に刺された患部へ行うことでかゆみの原因である蚊の唾液を吸い取って、かゆみを軽減させます。

強くこするように塩をもみこんでしまうと炎症の悪化となってしまうので、軽くもむ程度にしましょう。

 まとめ

以上、蚊に刺された時に手軽にできる5つのかゆみ対策についていかがだったでしょうか?

個人的には、いつでも携帯できて持ち運べる『絆創膏を貼る』方法がオススメ!

条件反射的につい掻きたくなってしまう蚊に刺されですが、掻くのをグッと我慢して、①~⑤の方法の中ですぐ実践できそうなかゆみ対策を試してみては思います。

そもそもどんな人が蚊に狙われやすいか、刺される前に事前に対策できないか知りたい方は「ウザすぎる蚊を寄せ付けない方法と蚊に狙われやすい人の特徴とは?」にまとめたので、見てみて下さい。

それでは(*‘ω‘ *)

 

コメント