1万円から始める資産運用!クラウドバンクの口座開設で始めよう!

お金

1万円から始める資産運用!クラウドバンクの口座開設で始めよう!

こんにちは、将来にそなえ資産運用にハマっているまさです。

うちのねこ
うちのねこ

資産運用を始めたいけど、難しそうだし少額でスタートできるサービスがあればなぁ~

今回は、顧客満足度№1をほこり、1万円からスタートできる人気のソーシャルレンディングクラウドバンク』の口座開設方法について解説していきます。

クラウドバンクは、平均利回り6.99%と高い利回り1万円という少額からでも始められるのが特徴です。

かといってソーシャルレンディングは、融資という形で投資するので、お金にかかわることは絶対に失敗したくないですよね!

↑こんなんになったら一気にやる気がなくなりますw

なので、この記事では口座開設方法を分かりやすく解説しますので、これからクラウドバンクを使って資産運用を始める方は、ぜひ見てみてください!

老後、生活していくためのお金は足りるのか」って少しでも思っているのであれば、早い段階での資産運用のスタートはかかせません。

将来にそなえ、この機会にクラウドバンクで資産運用を始めましょう(*´Д`)

 

資産運用を早く始めた方がいい理由は、こちらのすぐに始めるべき!20代の資産運用は、ほったらかし投資がおすすめ!で詳しく解説していますので、参考にどうぞ。

1.クラウドバンクとは?

ソーシャルレンディングの中で人気の「クラウドバンク」ですが、どんなサービスなのかイマイチ分からない方もいるのではないでしょうか?

クラウドバンクの特徴をざっくり解説しておきます。

 

<クラウドバンクの特徴>
サービス開始年月2013年12月
平均利回り6.99%(※1)
投資金額1万円から
応募総額約769憶(※2)
運用期間の目安2ヶ月~36ヶ月
取引開始までの日数最短3日
元本の実績融資回収率100%
サイトURLhttps://crowdbank.jp/
※1・・・ 2019年3月末までの3年間に運用したファンド実績
※2・・・2019年12月現在の累計応募金額
クラウドバンクは、平均利回りが高く、1万円という少額からスタートできるのが大きいポイントです。
しかし、さらに注目すべきポイントは、ソーシャルレンディングとしての応募総額が右肩上がりで増えているという実績です。
 
<クラウドバンク応募金額の推移>

市場規模が拡大し、ソーシャルレンディングの需要が増えてきていることに比例して、クラウドバンクを利用して資産運用を始めている人も増えているという意味でもあります。

クラウドバンクの応募金額が右肩上がりで増えているという背景には、

  • お金を増やしたいという投資家にもしっかりメリットがある
  • 安心して資産運用が行える信頼性がある

このように、資産運用として重要な「安心して資産を増やせる」ことで年々、利用者と金額が比例して増えています。

\1万円からはじめる資産運用/クラウドバンク

2.クラウドバンクの口座開設の流れ

クラウドバンクの口座開設は、一般的な銀行口座を作るときと変わらず、難しいことはありません。

口座開設の流れ

  1. 基本情報の入力(7項目)
  2. 氏名・住所・口座情報などの入力(23項目)
  3. 重要事項の確認及び同意
  4. 本人確認書類のアップロード
  5. マイナンバーの登録

入力項目が30項目なので、多いと感じてしまうかもしれませんが、1つ1つが簡単で基本的な情報の入力です。最後のマイナンバーの登録まで10~15分ほどでできるかと。

2-1.事前に用意しておくもの

口座登録で時間をかけないために、下記の情報と書類を用意しておくと時間が短縮でき、登録がスムーズになります。

  • メールアドレス
  • 銀行口座の情報
  • 本人確認書類の画像ファイル※
  • マイナンバーカードor通知カード

①本人確認書類に関して

 
本人確認書類は、以下の7つの書類で確認することができます。
  1. 運転免許証
  2. 各種健康保険証
  3. 印鑑登録証明書
  4. パスポート
  5. 住民票の写し
  6. 住民基本台帳カード
  7. 個人番号カード(表面のみ)

※個人番号カードの裏面および通知カードは本人確認書類ではないので、提出不可。

メールや郵送での書類提出も可能ですが、承認されるのに時間がかかってしまうので、おすすめしません。
まさ
まさ

上記の本人確認書類を携帯で写真として撮っておき、撮った写真を準備しておこう!

本人確認書類をアップロードする段階で出てきますが、裏面に記載のある書類は、裏面の写真も必要になります住所変更等で裏面に記載がある場合は、裏面の写真も事前に撮っておきましょう。

②マイナンバーor通知カードに関して

マイナンバーの登録」で提出できる書類は、以下の3つの書類で確認することができます。

  1. マイナンバーカード
  2. 通知カード
  3. 個人番号入りの住民票の写し

本人確認書類と同様にアップロードで提出できるので、提出する書類を事前に用意しておき、写真を撮っておきましょう!

まさ
まさ

ちなみに、なかなか普及はしていないけど、マイナンバーをカードにしておくとコンビニで住民票や印鑑証明を発行することができるよ!

 

住民票や印鑑登録証明書の発行費用は、役場の窓口だと300円かかりますが、コンビニでの発行は200円なので100円お得に入手することができます

家や車の購入、引っ越しなどで住民票や印鑑登録証明書は使用するので、マイナンバーをまだカード化していない方は、この機会にカードを作っておくのも良いかもしれませんね!

3.クラウドバンクの口座開設方法

口座開設するにあたり、開設までの流れと事前に用意しておくものが分かったところで、次は手順について解説していきます。

上で解説した『口座開設の流れ』にそって、できるだけ画像を使って分かりやすく解説していきますので、早速みていきましょう!

3-1.クラウドバンクのサイトにアクセスしよう

『口座開設の流れ』で解説した最初の「基本情報の入力」をするためには、まずはクラウドバンクの公式サイトにアクセスしよう!

\公式サイトはこちら/

 

クラウドバンクの公式サイトにアクセスしたら、『今すぐ無料ではじめよう』をクリック。

女優の成海璃子さんが可愛いのでクリックしたいところですが、ポチるだけ無駄なので『今すぐ無料ではじめよう』をクリックしましょうw

3-2.基本情報の入力(7項目)

では、いよいよ口座開設にあたっての情報を入力していきます。「1.口座開設お申込み」の部分ですね!

公式サイトの『今すぐ無料ではじめよう』をクリックすると、下記の項目を入力するページにとびますので、入力していきましょう。

すべて入力できたら、「個人情報保護方針」「クラウドバンク利用規約」の2つを確認して、問題なければチェックしましょう。

最後に、口座の種類を「個人」か「法人」かを選択できるので、個人の方なら『個人の方はこちら』をクリックしたら7項目の入力は終了です。

3-3.氏名・住所・口座情報などの入力(23項目)

次に氏名・住所・口座情報の他に取引の目的きっかけなどの情報を入力します。

23項目ありますが、基本情報の続きのようなもので、簡単な内容ですので入力していきましょう!

3-4.重要事項の確認及び同意

基本情報の入力(7項目)と氏名・住所・口座情報などの入力(23項目)が終わると、最後に書面の同意と確約が必要になります。

 

<書面の同意>
  1. 電磁的方法による交付に関する同意書(PDF)
  2. クラウドバンク匿名組合約款(PDF)
  3. 匿名組合出資持分契約締結前交付書面(PDF)
※書面の同意は、1~3の全てを確認(クリック)しないと、同意のチェックができないので、必ず3つ全て確認しましょう
 
<確約>
 4.お客様による表明・確約・誓約(PDF)

4つのPDFを確認して、2ヶ所チェックを入れたら『次へ』をクリックします。

ここまでで口座開設に必要な入力項目は完了です。

3-5.本人確認書類のアップロード

つづいては、本人確認書類のアップロードになります。「2.各種書類等提示」の部分ですね!

書類(写真)をアップロードする際に、書類に関する注意点が数点ありますので、確認しておきましょう。

3つの注意点

  • ファイル形式:JPG、JPEG、GIF、BMP、PNG
  • ファイルサイズ:1ファイルあたり6MB以内
  • 期限:確認書類は発行後6ヶ月以内、有効期限内のもの
まさ
まさ

ファイルの形式とサイズは、まさがiPhone8で撮ってみたらJPEGの形式で3Mサイズだったから、この2つに関しては特に問題ないと思うよ!

では早速、事前に準備しておいた本人確認書類の写真をアップロードさせましょう!

裏面に記載のある書類は、表面と裏面のそれぞれをアップロードさせます

確認書類のファイル選択が終わったら、青いボタンの『本人確認書類アップロード』をクリックします。

上記のメッセージが出たら、本人確認書類のアップロードは完了です。

次は、「マイナンバーの登録」になりますので、登録の手順を解説していきます。

3-6.マイナンバーの登録

クラウドバンクでは、口座開設時にマイナンバーの登録が必要になります。

マイナンバー登録が必要な理由は下記の通りです。

お客様に分配したクラウドバンクによる利益について所得税法に基づき支払調書の作成・提出が義務付けられております。また、支払調書には、お客様の個人番号(マイナンバー、法人のお客様の場合は法人番号)を記載することが求められております。そのため、クラウドバンクではお客様にマイナンバーをご登録いただいております。

まさ
まさ

法で決められているから、登録しないと口座開設できないってことだね!

マイナンバーの登録に関しても本人確認書類と同様、提出する書類に関して注意点がありますので、確認しておきましょう。

2つの注意点

  • ファイル形式:JPG、JPEG、PNG
  • ファイルサイズ:1ファイルあたり8MB以内

※画像は氏名、生年月日、個人番号が記載されているもの

登録には、

  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • 個人番号入りの住民票の写し

上の3つから提出できますが、登録の流れとしては、

  1. 個人番号12ケタを入力
  2. 提出する書類を選択
  3. 提出する書類のファイル(写真)を選択
  4. 登録ボタンをクリック

通知カード」は、裏面に記載があった場合も提出が必要になるので、裏面の提出も忘れないようにしましょう。
まさ
まさ

通知カードは、氏名・住所・性別が変更になったときに裏面に変更内容が記載されるから、裏面の提出も必要になるってことだね!

上記のメッセージが出たら、マイナンバーの登録は完了です。

3-7.口座開設の審査について

マイナンバーの登録まで終われば、あとは口座開設の審査を待つだけです。「3.審査」の部分ですね!

提出した書類と入力内容に問題なければ、2日以内(最短で1日)に口座開設の審査が完了します

審査が完了すると、登録したメールアドレスに上記のメールがクラウドバンクから届き、3~4日で「口座開設審査完了通知」が郵送されてきます。

3-8.口座開設審査完了通知が郵送される

ここまで来れば、口座開設が完了したのも同然です。最後の「4.口座開設」の部分ですね!

口座開設の審査が完了すると、下記のように着荷証明番号が記載された『口座開設審査完了通知』が郵送されてきます。

まさ
まさ

まさの場合は、マイナンバーの登録が完了してから2日後に審査完了通知がとどいたよ!

3-9.着荷証明番号を入力したら口座開設完了

再度、クラウドバンクの公式サイトにログインすると、『初めてログインされるお客様』というメッセージが表示されます。

 

8ケタの着荷証明番号を入力して『スタート』をクリックすると、口座開設が完了となり、いよいよクラウドバンクでの投資が開始できるようになります。

まとめ

クラウドバンクの口座開設方法についていかがだったでしょうか?「分かりやすい!」って思っていただけたならテンション上がりますw

クラウドバンク」は2019年12月に応募総額が780億円を突破し、日を追うごとに右肩上がりで応募金額が増えています高い平均利回り1万円から資産運用がスタートできることもあり、顧客満足度№1をほこるソーシャルレンディングです。

他にも「投資」とは思えないほどの手軽さ』が人気の理由の1つでもあります。最初にファンドとよばれる投資する案件を選んだら、その後は運用期間が終了するまでほったらかしです。

そのため、投資初心者が「投資」で分配金を受け取れるという感覚をつかめるので、初心者でも手軽に始めることができます。

今後をみすえて、将来すこしでもお金に対する不安があるのであれば、1万円あれば資産運用を始められるので、この機会にクラウドバンクで資産運用を始めてみましょう!

\口座開設はこちら/

 

コメント