転職/仕事

事務職から工場へ転職する際に気を付けるべきポイント5つ

office work change job
無題
うちのネコ
・事務職から工場の転職って可能なのかなー?

・体力そんなにないけど大丈夫?

・志望動機は何て答えればいいかな?

 

今回はこんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

  1. 事務から工場の転職で気を付けること
  2. 転職に必要な志望動機
  3. 女性でも工場への転職は可能

 

事務仕事ってつまらないから工場への転職を考えているって人もいるのではないでしょうか?

 

事務ってひたすらデータ入力の仕事もあれば、生産計画の立案や関係部署との打ち合わせをし、他部署との連携が必要になる仕事もあります。

 

なので、仕事を与えられれば、その結果を上司へと報告することが普通です。

そのため、仕事内容や対人関係が自分に合わず、工場という作業環境で黙々と仕事をする方が自分に向いてる!って人もいるでしょう。

 

もしあなたが、現在の仕事が事務職で、工場への転職を検討しているのであれば、この記事を参考にしてください!

 

実は、私も事務職から工場へと転職した一人なので、どちらも経験したことがあるからこそ、伝えられる部分があると思っています。

 

工場で働くうえで失敗しないためにも、ポイントをしっかりチェックして、転職を検討しましょう。

 

 

事務から工場へ転職するときに気を付けるべきポイント5つ

point

  1. ある程度の体力はあるか
  2. 基本的なコミュニケーション能力があるか
  3. 極度の飽き性じゃないか
  4. 休日出勤でも対応できるか
  5. 夜勤で働くことに支障はないか

 

上記5つのポイントについて深堀りしていきます。

 

 

ポイント①:ある程度の体力は必要

physical strength

1つ目のポイントとして、立ち仕事がメインとなる工場では、ある程度の体力がないとツラいです。

 

ある程度の体力といっても、少し歩いただけで疲れる、息切れするようだとかなりツラいですが、2時間ほど立ちっぱなしできるくらいの体力があれば、まず問題ないでしょう。

 

休憩が2時間に1回(10分休憩)だから、2時間耐えられればOK!
masa
まさ

 

というのも、工場は動きながらの立ち仕事が主になるので、作業+歩きことがツラくなければ工場での仕事は問題ないといえます。

 

 

ポイント②:基本的なコミュニケーション能力があるか

communication

2つ目のポイントは、『基本的なコミュニケーションは必要』ということ。

 

というのも、工場といえば一人で黙々と作業するので『コミュニケーション能力ゼロでも大丈夫でしょ!』と思うかもです。

しかし、実はそんなことありません!

 

もちろん一人での作業はあります。

ですが、何人かを1つの生産ラインで作業していく場合は、仲間と連携が必要になるので、会話のやり取りが出てきます。

 

そこで会話ができないと連携が取れないので、思うように作業ができず生産に影響が出てしまいます。

 

日常会話的にやり取りができるくらいであれば、全然問題ないので超人見知りな人じゃなけれな気にする必要はないかと。

 

 

ポイント③:極度の飽き性じゃないか

fickle

3つ目のポイントとして、事務からの転職で工場で働く際に『自分は飽き性なのか』はとても重要です。

 

というのも基本的には、毎日同じ作業を繰り返し、同じモノを作るのが工場だからです。

 

人間なので、『飽きる』という感情は誰もがいてきます。

その飽きる感情が、極度の飽き性なのか、耐えられるレベルなのかでも変わってくるので、重要なポイントでもありますよ!

 

ポイント④:休日出勤でも対応できるか

holiday shift

4つ目のポイントは、『休日でも仕事できるか』という点です。

 

休日出勤といっても月曜から金曜まで働いて、日曜日も仕事というのはよほど生産が追い付かない工場でない限りありません。

 

しかし、土曜日の出勤はよくあることで会社としては休みでも、現場だけ稼働する『公出』として出勤することはあります。

 

そのため、土曜日でも仕事というのは視野に入れて、対応できるようにしておきましょう!

 

休日出勤手当として、通常35%の割増賃金が支払われるよ!
masa
まさ

 

無題
うちのネコ
稼ぎたい人は、休日でも積極的に出勤するのがオススメ。

 

ポイント⑤:夜勤で働くことに支障はないか

night duty

最後5つ目のポイントは、『夜勤で働く場合がある』ということです。

 

工場によっては、昼間(8時~17時)の稼働だけでは生産が間に合わず、夜に稼働する『夜勤』の勤務形態があります。

 

夜勤が始まる時間は、工場によっても違うことが多いですが、例えば自分が勤めている工場の夜勤は20時からスタートです。

 

その場合、夜20時から翌朝5時に仕事が終わることになるので、家に帰ってくるのが5時半前後になります。

 

そうなると、独身男性であれば問題ないですが、結婚して子供がいる人にとっては夫婦や子供と過ごせる時間が限られてしまいます

 

無題
うちのネコ
夜勤で働く場合は、家族の理解が必要になるね!

 

夜勤は深夜手当が加算されるので給料面では嬉しい働き方ですが、生活環境が変わってきます。そのため、メリットだけではないことをよく理解しておく必要がありますよ!

 

参考までに夜勤の給料に関しての詳細は、こちらの工場勤務の夜勤の給料っていくらなの?15年工場で働く僕が教える!で解説しているので、参考にどうぞ!

https://massablog.com/tensyoku/factory-night-salary/

 

女性でも事務職から工場への転職は可能

woman factory

女性でも事務職での働きから、工場への転職が難しいかと言われればそんなことはなく、転職は十分可能だと思っています。

 

なぜなら、工場といっても力仕事が全てではないからです。

 

女性が工場で働く』という点で一番の心配は体力面です。

20代の若い子達であれば比較的、体力もありますが30代以降になると体力って落ちてきますよね?

 

ですが、女性でも工場の中で無理なく働ける仕事として、細かい部品の製造だったり、作った部品を検査する仕事があげられます。

 

実際、私が働いている工場でも女性が働いており、以前は事務仕事をしていた女性もいます。

 

そのため、女性でも事務職から工場転職の働き方は、十分可能と感じています、

 

事務職から工場へ転職するときの志望動機は?

desired motive

さて、ここでは転職する際の志望動機について触れておきます。

 

というのも、採用する側からしてみれば何故、事務職から工場への働き方を選んだか理由を知りたいからです。

 

工場で大切なのはモノづくりに対する興味なので、

  1. モノを作ることが好き
  2. 黙々と作業する方が向いている

など、工場は自分にあった環境でないと続けるのが難しく、モノづくりに対する熱意は工場でも有利になります。

 

事務職で身についた集中力やコミュニケーション能力、パソコンスキルなどを面接でアピールすることで好印象を与えられることができますよ!

 

無題
うちのネコ
工場でもパソコンスキルって重要?

 

生産性のデータ作成や作業手順書の作成等でパソコンを使うことは多いからね!
masa
まさ

 

まとめ:事務職が退屈なら工場への転職もあり!

今回は、事務職から工場へ転職するさいの気を付けるべきポイント5つを解説しました。

 

工場といっても部品を製造するだけが工場の仕事ではなく、

  1. 製造した部品を検査する部門
  2. 設備故障のトラブル対応をする部門
  3. 機械の効率化を図り、生産改善する部門

など、生産にかかわる仕事もあり、設備や機械に詳しくなくても段々と覚えていくことで未経験者でも十分、やっていくことができます。

 

最初からできる作業なんてないので、以前は事務で働いていたって経歴は関係なく働くことができます!

 

なので、事務職から工場へ転職する際は、逆に事務で経験したスキルや知識をしっかりアピールすることで優位に進めますよ!

 

最後に、工場での働き方はメリット・デメリットありますが、高収入を目指すなら『工場の転職』も選択肢の1つとしてありではないでしょうか?

 

その分野においての技術を身に付けることで、自身のスキルアップにも繋がりますよ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マサ

副業ブロガー / 本業は車関係の工場 / ブログ・WordPress・ライフ系の情報発信 / SEO・ブログ・アフィリエイトが好きです / 群馬県出身

-転職/仕事
-,

Copyright© masablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.