転職/仕事

【基本はスーツ】工場面接の服装選びは会社の規模で選ぶと良し!

choose factory interview clothes
無題
うちのネコ
・工場面接の服装ってスーツ?私服?

・面接でアピールすることって?

・面接で受かるようにするためには?

 

今回はこんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

  1. 工場の面接においての服装の選び方
  2. 面接で失敗しない方法2つ

 

工場で働くのが初めてなら、『面接の服装』ってなにを着ていけばいいんだろう?って悩んでいませんか?

 

答えを先に言っておくと「基本はスーツでOK」です。

 

なぜなら、面接の中で第一印象を決めるのは服装でもあり、スーツで面接に臨めば悪い印象を与えることはありません。

 

この記事を読むことで、間違った服装選びをせず、面接で失敗しない方法を学ぶことができるので、工場への転職に役立つ情報を身に付けることができますよ!

 

それでは早速、面接での服装選びについて解説していきますね。

 

 

工場面接の服装選び、基本はスーツでOK

Interview clothes

繰り返しになりますが、工場でも面接における第一印象はとても重要です。

なので、まず相手に好印象を与えるには服装は『スーツ』で臨めばOK

 

ですが、スーツを持っていない人からすれば、『工場の面接のためだけにスーツを買うのもなぁ、、、』という方もいるでしょう。

 

そんな方は、受けたい会社の規模でスーツか私服かを選んでもOKです。

 

服装は会社の規模で判断しても良し

社長が父親、専務が息子のような親子で経営しているような小規模企業であれば私服でもアリです。

 

というのも親子経営のような工場では面接相手が直接、社長というケースも少なくありません。小さな工場で重要なのは服装より即戦力になれる本人のやる気と強みの部分です。

 

無題
うちのネコ
小さな工場って社長自ら現場で作業してるイメージだよね!

 

中小企業や大企業になれば、組織体制もしっかりしているので、面接者を採用する『人事部』という部署があります。

 

人事部は同じ工場の中でも、事務側に属しているので現場の人間ではありません。そのため、身なりや服装は第一印象として判断するのです。

 

結論として会社の規模が、『小規模であれば私服 or スーツ』『中小企業や大企業であればスーツ』といったように、規模で面接の服装選びをするといいでしょう。

 

続いては、工場の面接で失敗しない方法について解説していきますね。

 

 

工場の面接で失敗しない方法2つ

method not to fail

ここからは工場の面接で採用してもらうための方法を2つ紹介します。

 

しっかりスーツを決めて臨んでも重要な面接がボロボロでは、採用される可能性も低くなってしまいます。

 

具体例を出しながら解説するので、以下の内容をしっかり準備しておきましょう!

 

 

①自身の経験やスキルをアピールすること

skill and experience

自身が今まで経験し得たスキルというのは非常に重要です。

 

特にスキルや資格を保有していれば会社にとっても即戦力になるので、採用される確率もグッと上がりますよ!

 

例えば

例えば僕の場合は、長年ライン作業での生産活動やパソコンを使ってのデータ入力や資料の作成などの経験があります。

なので会社に、『飽きずにものづくりに取り組める姿勢とデスクワークもこなせる』という2つの印象を与えることができます。

 

このように、自身が経験してきたことやスキルをアピールすることで自分の強みとなり、採用につなげることができます。

 

無題
うちのネコ
でも、工場で働いたことがなくスキルもないって人はどうすればいいの?
スキルがなくても、得意なこと自分が長年続けてきたことをアピールしてみよう!
masa
まさ

 

例えば、自分の得意なことや続けてきたことが、プラモデルやパズルの作成なら『細かい作業や高い集中力』を評価することができます。

 

同様に、スポーツを続けていたなら『体力や精神力』が評価されるので、いずれも工場で働くのに必要な要素でもあります。

 

小さなことでも得意なことをアピールして、面接を優位に進めて採用を目指していきましょう!

 

 

②志望動機を明確にまとめておく

desired motive

工場問わず、面接といえば『弊社に応募した理由は?』という質問は外せないでしょう。

 

企業にとっても志望動機を聞くことで、自社についてどれほど調べているかはしっかりチェックしています。

なので受けたい企業についてしっかり調べ、志望動機を自分なりにまとめておくことをおすすめします。

 

とはいえ、調べるといってもどんな情報を調べて志望動機につなげるのかってパッとしませんよね?

 

具体的には、以下の情報をもとに志望動機につなげていきましょう!

ポイント

  1. 会社の理念やビジョン
  2. 製造している製品
  3. 自身の強みや得意なこと

 

志望動機の一例

御社を志望したのは、『常に挑戦し続け、お客様の120%の満足を目指す』という御社のビジョンに共感を受け、私も常に挑戦する姿勢があり、近いものを感じたからです。分からないことは、聞いてすぐ答えを知るのではなく試行錯誤して考え、行動することで常に挑戦して自身の成長にも繋げたいと考えています。私は車のマフラーが好きで毎年モーターショーにも参加するほどで、各カーメーカーのマフラーやパーツを見て勉強しています。そこで得た知識やデザインなど、ぜひ御社で製造するマフラーに役立てればと思います。マフラー好きの一個人のファンとして御社で働きたいと考えています。

 

上記は、僕がパッと考えた例ですが、その企業の強みや特徴を自分の強みを仕事で活かせるようにまとめています。

企業にとっても、同じ職種の知識や経験は役立てますので、好印象を与えることができますよ!

 

 

面接で失敗しない方法のまとめ

上記以外にも細かいことを言えば、面接のマナーのような『身だしなみを整える』『ハキハキと受け答えをする』や面接でよくある自分の長所、短所など挙げていけばきりがありません。

 

しかし、僕が特に重要だと思っている上記の『自分という価値をアピールして売り込む』が一番重要だと思っています。

 

なので、面接のマナーも大切ですが、会社に対して熱意のある対応で臨みましょう!

 

 

最後に:基本はスーツだが、小規模の工場なら私服もあり!

以上、工場の面接においての服装選びについてまとめました。

 

失敗しないのはスーツを着て面接に臨むことが一番です。ですが、会社の規模が小さい工場なら私服でもありだと思っています。

 

小規模の工場は即戦力になる人材を募集しており、服装より本人のスキル、やる気など重視しているので。

 

最後に、面接は1つの壁ですが、本記事で紹介した内容を参考にして工場への転職を目指していきましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マサ

副業ブロガー / 本業は車関係の工場 / ブログ・WordPress・ライフ系の情報発信 / SEO・ブログ・アフィリエイトが好きです / 群馬県出身

-転職/仕事
-,

Copyright© masablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.